仏壇にお線香を上げ、お茶やご飯を供えて手を合わす人は多くても、
毎日お経やお題目を上げられる人はそう多くないでしょう。
ましてや「うちには仏さんはいないから」「仏壇を置く所が無い」との理由?で
仏壇さえ置かない家庭がとても多く見受けられます。また「死んだら終わり」
「家族で墓参りをするから法事はしない」等、法事を全くやらないご家庭も中にはいらっしゃいます。

しかし本当にそれでいいのでしょうか?
日蓮聖人はご遺文「十王讃歎鈔」の中で仰っているのが、

人は死ぬと中陰(中有)と言う黄泉の世界に行き、亡くなってから1週間毎に裁判官に(閻魔さん他)裁かれ、
いわゆる初七日 二七日 三七日・・・七七忌(49日忌)1周忌、3回忌と全部で10回裁判があり、
各王の裁判所で人生の「徳」と「罪」の裁断を受け、これによって来世の場所が定まるという。
その判定の基準となるのは、故人が「逆修」(生前に戒名を受けている事)と「追善」(残された者の回向供養)
が大切だとおっしゃっておられます。


昔の人はこう言う事をしっかり理解した上で法事をされていました。
法事とは裁かれる故人の弁護・陳情の為、また生前お世話になった
事へのご恩返しをするつもりでご法事をして頂きたいと思います。
上記のようにちょっとした仏事のご指導しながらご法事をさせて
いただいておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。